鉄剤は副作用が辛い?鉄分摂るならサプリがおすすめ!

鉄剤は副作用が辛い?

貧血を改善するために、病院から処方される鉄剤。服用しなければとは思うものの、副作用が辛い方も多いとか。

 

  • 吐き気
  • 胃の不快感
  • 便秘や下痢

 

特に吐き気や胃の不快感を訴える方は多く、服用患者の10%にも。鉄剤は長期服用することが多いので、副作用が辛いと続けにくいもの。

 

そんな辛い方にオススメなのが、サプリでの鉄分補給です。サプリは薬ではないので、自分の体調にあわせて気軽に摂ることができます。当サイトでは、飲みやすいオススメのサプリをランキングでご紹介。ぜひ参考になさって下さい。

 

鉄分サプリランキング!

美めぐり習慣の特徴

美めぐり習慣は、女性が欲しいを実現した鉄分補給サプリです。飲みやすさを求めて、粒の大きさを通常サプリの3分の2にし、匂いもカット。小粒なのに、鉄分は1日の基準値133%配合、1日分5粒で10r。しかも吸収性に優れたヘム鉄100%。相性がよい厳選素材、アセロラ、モロヘイヤを配合し、鉄分の吸収や赤血球の形成などをサポート。注目のスピルリナがビタミンやミネラルをプラス。満足度94%の鉄分補給サプリです。

価格 1,480円
評価 評価5
備考 吸収性に優れたヘム鉄100%

 

白井田七の特徴

白井田七は、漢方のちからで体質改善してくれる鉄分補給サプリです。有機栽培の田七人参を使用。田七人参は古来より珍重された自然素材、血液量を増やしてくれたり貧血改善も期待されます。粉末では飲みづらい素材を、有機玄米をつなぎに錠剤に。1日分4粒。さらにサポニンのおかげで血行を促進、手足の冷えを改善。科学的なものは苦手という方にオススメです。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 自然素材 田七人参

 

VORナチュラルTETSUミネラルの特徴

VORナチュラルTETSUミネラルは、阿蘇のリモナイトからの鉄分補給サプリです。熊本県阿蘇から摂れる鉄を多く含んだ鉱物、リモナイト(褐鉄鉱)から作られています。ヒレ肉やレバーに多く含まれる、二価鉄を含有しています。また13種ものミネラルも。1日あたり1粒。つぶれやすい錠剤を採用しているので、粒が苦手な方にも。

価格 1,730円
評価 評価3
備考 リモナイト(褐鉄鉱)

 

鉄剤の副作用と現われやすい症状

 

鉄剤の服用には、効果がある反面、副作用が出ることがあるなどのリスクもあります。何も知らないままで鉄剤を利用するよりは、あらかじめ知識を仕入れておいたほうがいいはず。ここでは、鉄剤の副作用の他、鉄分補給サプリメントとの比較について3つの段階に分けてお話します。

 

鉄剤の副作用

 

鉄剤といえばサプリメントではなく医薬品のことを指し、医薬品には副作用がつきものだと認識しておく必要があります。鉄剤を服用し始めると大抵の人は体内の鉄分が充足してきますが、一回の服用で体が健康な状態に戻るわけではありません。

 

というのも、鉄剤を服用するほどの状態というのは、既に貧血になっている場合が多いためです。貧血は肝臓内の貯蔵鉄を使い果たし、血液内のヘモグロビン鉄や組織鉄まで使われ始めている状態です。いわば、体内の鉄分が枯渇してしまっているわけですから危険です。

 

体を健康な状態に戻すためには、肝臓に貯蔵鉄が蓄えられた状態にする必要があります。必然的に、数ヶ月程度の期間、鉄剤を服用し続けなければならないことになるでしょう。

 

1〜2度鉄剤を服用した程度なら副作用が出ない人でも、継続して薬を飲み続けると副作用が出やすくなることもあります。鉄剤の種類によっては胃腸に刺激が強いタイプもあり、胃腸薬が一緒に処方されるケースも少なくありません。

 

鉄剤の副作用の症状

 

鉄剤の副作用には、報告されているだけでも数多くの種類があります。頭痛や吐き気、胸のむかつき、湿疹、顔の紅潮、胃の痛み、便秘や下痢などが起こるケースはよくあり、体調が回復するまで薬を続けられないという人もよくいます。

 

鉄剤を錠剤で服用すると副作用が強く出る場合は、注射が選ばれることもあります。薬の成分を希釈して注射が投与されますが、それでも副作用を避けられるとは限りません。

 

貧血の予防・改善に効果的なサプリ素材

 

貧血の予防や改善をするときには、鉄剤ではなくサプリメントを利用するのもおすすめです。サプリメントは医薬品ではありませんから、副作用の心配はあまりせずに利用できるのがメリットです。

 

また、病院で治療を受けるにあたっては、すでに貧血で困っているなどの状況が必要でしょう。その点、サプリメントは貧血の予防的に用いるにも気軽なのです。ここでは、貧血の予防や改善に効果的なサプリメントの素材についてお話しましょう。

 

ヘム鉄と非ヘム鉄

 

鉄分の種類にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、吸収率が高く体への負担が軽いのはヘム鉄のほうです。もちろん非ヘム鉄が全く役立たないというわけではありませんから、サプリメントとしては合理性の高いものを選ぶといいでしょう。

 

鉄分のサプリメントとしては、まずヘム鉄あるいは非ヘム鉄を配合している必要があります。一日の鉄分の摂取目安量は11g程度だとされていますから、同程度の量の鉄分を配合していると理想ですね。因みに、ヘム鉄とはレバーなどの動物性食品に由来する鉄で、非ヘム鉄はほうれん草や海藻などの植物性食品に由来する鉄と解釈しておくといいでしょう。

 

ビタミン類

 

鉄分を体内に吸収させるためには、ビタミン類などの栄養素も欠かせません。ビタミンCやたんぱく質はその最たる存在で、たんぱく質と鉄を一緒にとるには動物性のヘム鉄がいいということになります。

 

ただ、ビタミンCと鉄という意味では、植物性の非ヘム鉄も捨て難いところがあります。貧血の原因の一つでもあるのが、ビタミンB12と葉酸です。葉酸はビタミンBの一種、女性は特に不足させたくない栄養素でもあります。貧血予防のためにも、鉄と一緒にビタミンB12と葉酸を摂取しておくことをおすすめします。

 

鉄剤よりもサプリが良い理由

 

貧血くらいで病院に行くなど大げさと考える人もいれば、病的な貧血が続いて心配になり病院に行ってみようとなる人もいます。貧血にもいろいろな種類があり、原因も様々です。

 

中には悪性貧血のように、悪化して生命を奪いかねない病気もあるため、念のため病院に行っておいたほうがいいこともあります。ただ、診断次第では、病院で治療を受けたほうがいい場合とサプリメントなどで鉄分の補給をすればいい場合とに分かれるでしょう。ここでは、鉄剤と鉄サプリメントとの比較をしてみましょう。

 

副作用

 

鉄剤は医薬品ですから、病院で処方されても市販薬を用いても副作用のリスクがあります。必ずしも出るとは限らず、また程度にも個人差がありますが、鉄剤を服用し始めると副作用に苦しむ人は意外に多いものです。

 

副作用のひどさに鉄剤を続けることができず、治療を断念してしまったり、注射に切り替える人もいるなど侮れません。その点、鉄サプリメントは食品由来で合成の添加物の配合をしないように努めていたり、摂取量にも配慮が行き届いています。

 

費用

 

鉄剤の処方にしても注射にしても、サプリメントに比べると費用はかさみます。一回ごとの治療費や薬代は大したことがなくても、通院を繰り返すことになりますから合計するとそれなりの費用になるのです。サプリメントも選ぶ種類によりますが、サプリメントの場合は継続するとなれば割引価格が適用される定期コースなども用意されていることが多いのがメリットです。どちらが割安になるかは、他の条件とも兼ね合わせて考えてみるといいでしょう。

 

予防的措置

 

病院で治療を受ける場合はもちろん、市販薬の鉄剤を利用する場合でも、病気でもないのに医薬品に手を出すのは抵抗を感じるでしょう。ただ、貧血の場合は、症状が出てからでは既に遅いことが多いのです。

 

めまいや立ちくらみが起こるほどの貧血は末期的症状ですから、そうなる前に鉄分を常に補給しておくことが大切です。その意味では、予防的措置をとりやすいサプリメントが便利です。

更新履歴